Twelve-layered ceremonial kimono: Juni-hitoe

“Juni-hitoe” is the special clothing and formal dress that only very high ranked ladies and daughters in the court, like empress, princess, wives of court officers and high ranked servants could wear. It started to appear around the 10th century in the Heian Period (794-1185). They wore it in special ceremony or when they saw someone in higher rank.

ひな人形

It is different from the kimonos worn by ordinary people. The skirt has an extended train that trails behind when walking.
When wearing it, the hairstyle is “suberakashi”: gathered at the neck to hang down the back, and a Japanese fan “Hiohgi” is held in the hands.

By the way, Hina-doll’s costume is the Juni-hitoe.

Hina-dolls >> Hina-matsuri

十二単とは

十二単は、平安時代の特別な衣装にしてフォーマルドレスです。非常に高貴な女性やその娘、たとえば皇后、皇女、高級官僚の妻たちが身に着けるもので、10世紀ころ、平安時代に出てきたようです。
重要な儀式や高位の方に拝謁する際に着た正装だったのです。

現代の着物とは違います。裾が長く、歩く時も引きずっていくのです。
十二単のときは、すべらかしという髪型にし、手には檜扇 (ひおうおぎ) を持ちます。
ちなみに、雛人形の衣装は、十二単です。

The truth of Juni-hitoe

Literally translated, Juni-hitoe means “twelve-layer robe”. However, I have heard that twelve-layer means “many” and the truth is “many layers of robe”, 10 or less.
The various layers are silk garments, and the total weight could add up to 20 kg.

大和絵

Yamato-e (大和絵): classical Japan decorative paintings

 

雛人形

Hina-doll

Recently, in the wedding in 1993 of the Crown Prince, Princess Masako wore it. Present Empress and Princess wear it for royal wedding or accidence ceremony, even ordinary women sometimes wear Juni-hitoe at wedding ceremonies.

十二単の真実

十二単は12枚の着物を着ると解釈している人が多いと思いますが、以前、歴史博物館を取材したとき、「12枚ありません」と説明されたことがあります。この場合の十二とは、多くの…という意味でしかなく、10枚以下なのだということでした。そもそも、十二単はこうした特別な衣装の俗称でしかありません。
さて、この幾重にも重ねられた衣は、当然絹でできており、トータルで20kgといいますから、どう考えても普段着ではないわけですよね。

最近では、1993年の雅子妃殿下がご成婚の折に着ていました。現在では皇室の方々がそのロイヤルウエディングなどで着るくらいでしか見かけませんが、一般女性でも十二単を自分の花嫁衣裳に選ぶ人もいます。